インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。従来は歯を失った場合にはブリッジといって、 なくなった歯の両隣の歯を削って、ない部分のかぶせ物の土台にしたり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

インプラントのメリット・デメリット

●インプラントのメリット
  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる。
  • 咀嚼能力(かみ合わせの力)が高いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる。
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることができます。
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配もありません。
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがありますが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので、咀嚼の刺激が顎の骨に伝わるので衰退を防止することができます。
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。
●インプラントのデメリット
  • ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる。(個人差があります。)
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある他、比較的費用がかかる。
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる。(通常少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)

インプラント治療の流れ

1.CTによる撮影

CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。
断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。


2カウンセリング 治療計画の説明

診断結果をもとに、一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。
治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。

3インプラント埋込手術 

歯茎を切開しドリルで顎の骨にインプラントを埋入するための穴を開けます。
1.
歯茎を切開しドリルで顎の骨にインプラントを埋入するための穴を開けます。
インプラントを埋入します。
2.
インプラントを埋入します。
インプラントを埋入したら、一度歯茎を縫合します。
3.
インプラントを埋入したら、一度歯茎を縫合します。
4.
埋入したインプラントと顎の骨がしっかりとくっつくまで約2~6ヶ月間待ちます。その間仮歯を入れることができます。
5.
インプラントと顎の骨がしっかりと結合しましたら、再度歯茎を切開し、インプラントにアバットメントを取り付けます。
6.
取り付けたアバットメントに人工の歯を装着し、完成です。

インプラントオペ室