歯科治療費の医療費控除

医療費控除とは

自分や家族の病気や怪我により医療費を支払った場合、確定申告を行うことで所得控除を受けることができる制度を「医療費控除」といいます。
1年間で支払った医療費の総額がご家族で年間10万円を超える場合(または確定申告をされる方の合計所得金額の5%を超える場合)、医療費控除を受けることができます。

医療費控除の対象となる治療


医科、歯科の受診時の保険治療費・保険外治療費、および交通費が対象となります。
※領収書は大切に保管してください。交通費も忘れずに記録してください。
インプラント治療や矯正のような自費治療だけではなく、保険治療も控除の対象となります。
物品購入費は対象となりません

上記はあくまで目安です。詳細に控除の対象となるかどうかは最寄りの税務署までご確認をお願いします。

医療費控除の対象となる治療


確定申告が必要です。確定申告の書類に必要事項を記入の上、最寄りの税務署まで提出してください。
確定申告は毎年2月〜3月にかけて行われます。
申告書類は国税庁のホームページ、税務署、市町村窓口で受け取れます。
確定申告書類以外にも必要な書類があります。
医療費の領収書(交通費は経路と料金の記録でも可)
源泉徴収票(給与所得者の場合)※コピー不可
医療費控除の内訳書
印鑑(認め印でも大丈夫です)
通帳(確定申告をされる方の名義のもの)
保険金などで補填されている金額が分かるもの


課税総所得金額別(医療費控除前)
課税総所得金額1年間で支払った医療費の総額(保険金などで補填される金額が無い場合)
30万円100万円200万円
軽減される税額
150万円
30,900円
135,900円
225,000円
300万円
40,000円
180,000円
337,500円
500万円
60,000円
270,000円
550,000円
800万円
66,000円
297,000円
601,500円
1000万円
86,000円
387,000円
727,000円
2000万円
100,000円
450,000円
950,000円

※この表の「軽減させる税額」は、所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算します。

※詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。